★事務所だより11月号★

いつもお世話になっております。

秋も深まり、冷え込んで参りました。
お風邪など召されませぬようお願い申し上げます。

それでは、今月の事務所だよりをお届けします。

◆ 2020年11月の税務

11/10
●10月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

11/16
●所得税の予定納税額の減額申請

11/30
●所得税の予定納税額の納付(第2期分)
●特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付
●9月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事
業所税)・法人住民税>
●3月、6月、9月、12月決算法人・個人事業者の3月ごとの期間短縮に係る確定申
告<消費税・地方消費税>
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税

●3月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住
民税>(半期分)
●消費税の年税額が400万円超の3月、6月、12月決算法人・個人事業者の3月ごと
の中間申告<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が4,800万円超の8月、9月決算法人を除く法人・個人事業者の1
月ごとの中間申告(7月決算法人は2か月分)<消費税・地方消費税>

○個人事業税の納付(第2期分)(11月中において都道府県の条例で定める日)

◆ 令和2年分から本格化 年末調整手続の電子化

 所得税の確定申告や消費税、法人税、法定調書に続き、年末調整についても電
子化が進んでいます。

◆年末調整手続の電子化とは
 従来、年末調整では各種控除証明書を書面で収集し、各種の年末調整申告書を
書面で作成するケースがほとんどでした。令和2年10月以降は、これらの各種控
除証明書や各種年末調整申告書を電子データでやり取りし、これらを電子データ
のまま保存することも可能となります。これにより、手書きによる書類の作成や
書類への押印も不要となり、書類保管コストも削減することができます。

◆勤務先(給与の支払者)の準備
(1)電子化の方法の検討
 年末調整の電子化は義務ではありませんので、従来の方法によることもできま
す。また、会社の都合にあわせて部分的に電子化していくことも可能です。
(2)従業員への周知
 年末調整のデータを提出する従業員にも事前準備が必要となりますので、電子
化する際には、早めに従業員に周知する必要があります。
(3)給与システム等の改修
 電子データを受け入れるには、現在のシステムの改修等が必要となるケースが
多くなります。ソフトウェア会社や依頼している税理士事務所等へお問い合わせ
下さい。
(4)税務署への届出
 従業員から年末調整申告書を電子データで提供を受けるためには、所轄税務署
長に「電磁的方法による提供の承認申請書」を提出し、承認を受ける必要があり
ます。

◆従業員(給与所得者)の準備
(1)年末調整申告書作成用のソフトウェアの取得
 どの種類のソフトを利用するかは、勤務先の指示に従います。国税庁が無償で
提供するソフトウェアは、10月頃リリースの予定です。
(2)控除証明書等データの取得
 保険会社等から控除証明書データを取得します。マイナポータル連携を利用し
て一括取得する方法もあります。

◆ 令和2年7月から開始 自筆証書遺言書保管制度

 法務局が自筆証書遺言書を保管してくれるサービスが令和2年7月10日から開
始しました。

◆公正証書遺言と自筆証書遺言
 公正証書遺言は、遺言者が公証人に内容を伝えて、その内容をもとに公証人が
公正証書として遺言書を作成します。2名以上の証人が立ち会う必要もあります
。費用や手間がかかりますが、公証人が内容の法的有効性をチェックしてくれた
り、原本を公証役場で厳重に保管してもらえたりするメリットがあります。
 自筆証書遺言は、遺言者本人が遺言書を自書することにより作成します。一人
で手軽に作成することができ、費用もかかりません。ただし、相続開始後に家庭
裁判所の検認が必要となります。また、遺言者本人の死亡後、遺言書の紛失等に
より相続人等に発見されなかったり、一部の相続人等により隠匿や改ざんが行わ
れたりするリスクもあります。

◆自筆証書遺言書保管制度のメリット
 この制度を利用して、自筆証書遺言書を法務局に保管してもらうことにより、
遺言書の紛失・隠匿・改ざんといったリスクを回避することができ、あわせて家
庭裁判所の検認も不要となります。
 遺言者は、法務局に遺言書を預けた後も、預けた遺言書を閲覧したり、保管の
申請を撤回したりすることができます。
 また、相続人等は相続が開始した後であれば、遺言書が預けられているかを確
認したり、遺言書を閲覧したり、遺言書の内容の証明書を取得したりすることが
できます。

◆注意点
 法務局に保管してもらう際、法務局の職員の方が自筆証書遺言の方式について
外形的な確認はしてくれますが、遺言の内容について相談に応じたり、遺言内容
の法的有効性について保証してくれたりするものではありません。また、この制
度の手続はそれぞれ各種確認や手続の処理に時間を要するため、全ての手続につ
いて法務局に予約が必要となっています。
 この制度を利用する際には、司法書士さんや弁護士さんにも相談されることを
お勧めします。